なぜアブラサスは薄いのか?

アブラサスはなぜここまでの薄さを実現できたのか!

【アブラサス薄い財布】には構造上さまざまな新しい工夫が凝らしてあるため、こんなに薄く仕上がってるんです。
では、その秘密をひとつひとつ見ていきましょう。

秘密の構造その1 カードとコインが重ならない

財布の厚みは、本体+お札+カード+コインの合計になるのが普通ですが、
アブラサス薄い財布はカードとコインが重ならないように作られているんです。

アブラサスabrAsus薄い財布

 

 

 

 

 

 

 

 

※公式ページより転載

 

 

 

 

 

だから、本体+お札+カード、または、本体+お札+コインだけになるんですね。

アブラサスabrAsus薄い財布

 

 

 

※公式ページより転載

 

 

このアイデアは特許出願もしているそうです。

秘密の構造その2 重なる皮の枚数が少ない

普通の財布は二つ折りにした状態で重なる皮の枚数が10〜20枚になります。

 

アブラサスabrAsus薄い財布

 

 

 

 

 

※公式ページより転載

 

 

ところが「アブラサス薄い財布」は特別な構造にすることよって、
最大でも5枚しか重ならないように作られています。

 

アブラサスabrAsus薄い財布

 

 

※公式ページより転載

 

 

下の写真でわかるように、札押さえの部分とカードケースの切れ込みが、
二つ折りにしたときにパズルのピースのようにピタットはまるんですね。

アブラサスabrAsus薄い財布

 

 

 

 

 

 

 

 

※公式ページより転載

 

 

カードケースのこの切れ込みがカードの出し入れをしやすくしていますし、
デザイン的にもいい感じに仕上がってます。
職人さんの知恵の結晶ですね。すばらしい。

 

ちなみに、このアブラサス薄い財布は、2013年グッドデザイン賞も受賞しています。

秘密の構造その3 ホックとコインが重ならない

小銭入れのホックの位置を両端に近い部分に設けています。
中心付近だとコイン同士が重なり合っているため、厚みがありますが、
端っこの方だとコイン同士が重なりにくいため、厚みが増すことがないんですね。

 

アブラサスabrAsus薄い財布

 

ホックが2個あると1つ外れても勝手に開かないので、機能的にもいいですね。

 

 

フリュー薄さの秘密


このページの先頭へ戻る