財布に何を求めるのか?

財布に何を求めるのか?

財布の使用目的はもちろんお金を持ち歩くためです。
だから外出するときはいつも身につけます。裸で外を歩けないように財布を持たずに外出することは考えられません。

 

服は着ることが目的なので、着ているだけでいいのですが、
財布の場合は持ち歩くだけでなく、お金の出し入れをするというもっと大切な役割があります。

 

なので、持ち歩きやすさだけでなく、お金の出し入れのしやすさも財布には求められます。

 

ポケットに入れているときは、薄くて軽くて邪魔にならないのが財布としての質の良さですが、
支払いの場面になったときは薄さや軽さはどうでもよく
、お金の出し入れがスムーズにできることが大事になります。

 

 

また、デザインの良さも財布に求める人も多いでしょう。
私もそうです。やはり持ち物は気に入ったデザインのほうが絶対いい。
そのほうが気分良くいられますからね。

 

デザインの良さは自分自身の感じ方だけじゃなく、他人の評価もあります。
いいデザインの財布を持っている人、と思われたら、
人としての評価にもいい影響を与えてくれます。

 

 

だから、薄い財布は、持ち歩いているときは薄さや軽さが最重要ですが、
使うときのことを考えると使いやすさやデザインも無視できない、
というよりこっちのほうが重要度が高くなるんですね。

 

 

財布ひとつを選ぶにもいろいろ考えることがありますね。


このページの先頭へ戻る